ホーム 計算ツール
代理店ログイン
News 週刊化合物Doxorubicin hydrochloride & Paclitaxel

2024/5/17

週刊化合物——Doxorubicin hydrochloride & Paclitaxel

Doxorubicin hydrochloride

news-img-1

ドキソルビシン塩酸塩、カタログ番号T1020、CAS 25316-40-9、アドリアマイシン(Adriamycin)、ドキソルビシン(Adriamycin)塩酸塩、ヒドロキシダウノルビシン塩酸塩とも呼ばれ、アントラサイクリン系抗生物質の一種です。ドキソルビシン塩酸塩細胞毒性および抗腫瘍活性を持つヒトDNAトポイソメラーゼ阻害剤です。AMPKおよびその下流ターゲットタンパク質アセチルCoAカルボキシラーゼのリン酸化を減少させることができ、またアポトーシスとオートファジーを誘導することもできます。

作用メカニズム

ドキソルビシンは、DNA鎖に挿入することによってDNAと相互作用し、DNA合成と複製を阻害し、DNA損傷と細胞アポトーシスを引き起こします。さらに、ドキソルビシンはトポイソメラーゼを阻害し、DNA鎖の切断を引き起こし、正常なDNAのスーパーコイリングを妨げ、最終的に細胞死を誘発します。要するに、ドキソルビシンはDNA合成を阻害し、腫瘍細胞の増殖と転写プロセスをブロックすることによって抗腫瘍効果を発揮します。

応用

ドキソルビシン塩酸塩は、1974年に米国FDAによって化学療法薬として承認され、さまざまな癌の治療に使用されています。アントラサイクリン系の抗癌薬に属し、乳癌、卵巣癌、前立腺癌、肺癌、リンパ腫、白血病など多くの悪性腫瘍の治療に広く用いられています。しかし、一部の患者はドキソルビシン塩酸塩治療後に心毒性を経験し、心筋損傷、心機能低下、さらには心不全を引き起こすことがあります。

これらの心臓毒性の発見により、ドキソルビシン塩酸塩の臨床使用に対してより慎重なアプローチが求められるようになりました。その結果、心毒性の詳細な研究と管理が進められ、効果を高めつつ副作用を軽減することを目指しています。さらに、癌治療における成果を向上させるため、他の治療法との併用も継続的に模索されています。

news-img-2

Paclitaxel

news-img-3

パクリタキセル、カタログ番号T0968、タキソール(Taxol)またはNSC 125973としても知られ、微小管安定化剤のクラスに属する天然物で、抗腫瘍活性を示します。有糸分裂停止、アポトーシス、およびオートファジーを細胞に誘導し、最終的に細胞死を引き起こします。

作用メカニズム

パクリタキセルは、強力な抗腫瘍効果で知られる天然アルカロイドです。その主なメカニズムは、微小管に結合してそれを安定化させることにより、腫瘍細胞が有糸分裂を進行するのを防ぐことです。この作用により、細胞周期が中期で停止し、最終的に腫瘍細胞のアポトーシスまたは増殖抑制が引き起こされます。パクリタキセルは初期に発見された微小管安定化剤の一つとして、化学療法において重要な進展と見なされています。

微小管は、細長いフィラメント状のタンパク質ポリマーであり、細胞骨格の主要な構成要素です。パクリタキセルは微小管内のβ-チュブリン亜単位のN末端31アミノ酸に結合し、それらを安定化させ、微小管の重合を促進することで細胞死を引き起こします。

応用

パクリタキセルの発見と利用は、一連の研究と臨床試験を経て進められました。1980年代初頭、米国の国立癌研究所(NCI)は天然物の薬理学的スクリーニングを開始し、パクリタキセルが腫瘍細胞に対して強力な細胞毒性効果を示すことを発見しました。1983年にはパクリタキセルの単離に成功し、1992年に卵巣癌の治療薬としてFDAに承認されました。それ以来、パクリタキセルは乳癌、非小細胞肺癌、前立腺癌、食道癌など、さまざまな悪性腫瘍の治療に広く使用されています。

現在、パクリタキセル(タキソール)の生物学的および医療的応用は拡大し続けています。単独療法としての使用に加え、パクリタキセルはシスプラチンや他の化学療法薬と組み合わせた併用化学療法でも一般的に使用され、効果が向上します。さらに、パクリタキセルは癌予防や治療、関節炎やHIV/AIDSなど他の病気への応用についても研究されています。

パクリタキセルの治療価値と展望は広範です。さまざまな癌の治療において、その有効性と安全性から、パクリタキセルは臨床で広く使用される抗癌薬の一つとなっています。作用機序と薬理学のさらなる理解に加え、ナノキャリア技術や標的療法などの新しい薬物送達技術の応用により、パクリタキセルの癌治療における応用が拡大しています。その結果、パクリタキセルへの研究関心は高まり続けています。

news-img-4