ホーム 計算ツール
代理店ログイン
News 週刊化合物Osimertinib

NEWS | 24 May 2024

週刊化合物——Osimertinib

By TargetMol

news-img-1

Osimertinib, オシメルチニブ(カタログ番号:T2490,CAS 1421373-65-0,別名:AZD-9291, Mereletinib)は経口投与可能な第3世代EGFR阻害剤(EGFR-TKI)で、EGFR変異を有する非小細胞肺癌(NSCLC)の治療に広く使用されています。

コンテキスト

EGFR(上皮成長因子受容体)は、細胞増殖とシグナル伝達に関与する上皮成長因子(EGF)の受容体です。HER1またはErbB1としても知られています。EGFRシグナルネットワークは非常に複雑で、複数の層から成り立っています。入力層には受容体とリガンドが含まれ、細胞表面の下には、さまざまな酵素、アダプタータンパク質、セカンドメッセンジャー、転写因子などからなる複雑なシステムがあります。出力層には、さまざまな細胞応答が含まれます。ほとんどの場合、EGFRの活性化の最終的な結果は細胞成長の刺激です。既存の研究によると、EGFR遺伝子の活性化変異は非小細胞肺癌(NSCLC)の主要な発癌ドライバーであることが示されています。

news-img-2

応用

21世紀初頭に登場したEGFR-TKIは、EGFR変異陽性NSCLCの治療においてパラダイムシフトをもたらし、精密医療の時代の幕開けを告げました。従来の細胞毒性治療と比較して、EGFR-TKIは進行性疾患の患者に対して臨床結果と健康関連の生活の質を改善しました。しかし、第1世代(例:エルロチニブ、ゲフィチニブ)および第2世代(例:アファチニブ、ダコミチニブ)のEGFR-TKIに対する獲得耐性は、通常中央値9〜15か月後に現れ、その約50%〜60%の患者においてEGFR T790M変異が耐性を媒介することが示されています。

第3世代のEGFR-TKIは、EGFRチロシンキナーゼの感受性変異とT790M耐性変異の両方を選択的に阻害し、野生型EGFRの活性を大幅に抑えるよう設計されており、これにより従来のEGFR-TKIと比較して標的外毒性が低減されました。第3世代

のEGFR阻害剤(EGFR-TKI)であるオシメルチニブは、活性化EGFR変異を持つ進行性NSCLCの第一選択治療として広く承認されており、臨床試験では他のタイプのEGFR変異腫瘍に対する有効性も示しています。耐性メカニズムの理解が深まり、治療戦略が絶えず革新される中で、オシメルチニブの肺がん治療における位置はさらに強固なものとなり、拡大していくことが期待されています。

news-img-3