ホーム 計算ツール
代理店ログイン
News 週刊化合物PMA

NEWS | 31 May 2024

週刊化合物——PMA

By TargetMol

news-img-1

フォルボール 12-ミリスチン酸 13-酢酸(カタログ番号:TQ0198、CAS 16561-29-8)は、フォルボールエステルクラスに属する天然物です。PMAは、PKC(プロテインキナーゼC)、SphK(スフィンゴシンキナーゼ)、およびNF-κBの活性化剤として機能します。また、THP1細胞の分化を誘導することができます。

メカニズム

(1) PMAは、ジアシルグリセロール(DAG)の作用を模倣するPKCの強力な活性化剤です。DAGは細胞内で自然に発生する脂質シグナル伝達分子であり、PKCを活性化します。PMAはPKCのC1ドメインに結合し、その活性状態を安定させることでPKCの活性化を持続させます。PKCの活性化により、複数の下流シグナル伝達経路が調節され、細胞増殖、分化、生存などのプロセスに影響を与えます。

(2) PMAはSphK経路を活性化します。この経路では、SphKがスフィンゴシン-1-リン酸(S1P)の生成を触媒します。S1Pは対応するGタンパク質共役受容体を活性化し、細胞増殖、生存、移動、および炎症反応を調節します。

(3) NF-κBは通常、IκBタンパク質によって抑制され、不活性形で細胞質に存在する転写因子です。PMAはPKCの活性化を介してIκBのリン酸化と分解を引き起こし、NF-κBを放出して核内に移行させます。核内のNF-κBはDNAに結合し、特定の遺伝子の転写を促進することで、炎症、免疫応答、アポトーシスなどの生理学的プロセスに影響を与えます。

  1. PMAはPKCを活性化することでMAPK/ERK経路を活性化し、細胞増殖、分化、生存に重要な役割を果たします。

news-img-2

応用

PMAの生物学研究における多様な応用は、主に複数の細胞シグナル伝達経路、特にPKCを活性化する能力に由来しています。PMAは、細胞シグナル伝達、細胞分化、免疫学、タンパク質リン酸化などの研究に利用され、内因性シグナル伝達分子を模倣して特定の細胞経路を活性化することで、これらの経路がさまざまな生物学的プロセスにおいて果たす役割を調査するための強力なツールを提供します。さらに、PMA自体には腫瘍促進効果があり、腫瘍形成や癌細胞の増殖メカニズムの研究に有用です。PMAはまた、PKC経路の活性化を通じて、薬剤がこれらの経路に及ぼす影響とその抗癌効果を評価するために、癌薬物スクリーニングにも使用されます。