ホーム 計算ツール
代理店ログイン

URMC-099

カタログ番号 T6057   CAS 1229582-33-5

URMC-099 is an orally bioavailable, brain penetrant MLK inhibitor (IC50: 19/42/14/150 nM, for MLK1/MLK2/MLK3/DLK), and also inhibits LRRK2 activity (IC50: 11 nM).

TargetMolの製品は全て研究用試薬です。人体にはご使用できません。 また、個人の方への販売は行っておりません。
URMC-099, CAS 1229582-33-5
パッケージサイズ 在庫状況 単価(税別)
サンプルについてお問い合わせ
5 mg 在庫あり ¥ 12,000
10 mg 在庫あり ¥ 18,500
25 mg 在庫あり ¥ 33,000
50 mg 在庫あり ¥ 53,500
100 mg 在庫あり ¥ 91,500
1 mL * 10 mM (in DMSO) 在庫あり ¥ 12,500
ご確認事項

1. 1研究室・グループあたり最大5製品までお申し込みいただけます。 同一製品は1回のみとなります。

2. 1回につき最大2製品までのお申し込みが可能です。

3. 2回目以降をご希望の際は、前回ご提供のサンプルの実験結果をオンラインでご提供いただく必要がございます。

4. 2023 年 1 月 20 日より前にサンプルをお申し込みいただいたお客様は、2023 年の無料申請枠にはカウントされませんが、以前の実験結果をご提供いただく必要があります。

Get quote
バッチを選択  
バッチの詳細情報はお問い合わせください
生物学的特性に関する説明
化学的特性
保存条件 & 溶解度情報
説明 URMC-099 is an orally bioavailable, brain penetrant MLK inhibitor (IC50: 19/42/14/150 nM, for MLK1/MLK2/MLK3/DLK), and also inhibits LRRK2 activity (IC50: 11 nM).
ターゲット&IC50 MLK1:19nM, MLK3:14nM, DLK:150 nM, MLK2:42nM
In vitro URMC-099, administered intraperitoneally (i.p.) at a dosage of 10 mg/kg, demonstrates the ability to reduce the production of inflammatory cytokines within the body, protect neuronal structures, and alter the morphology and ultrastructural response of microglia to exposure to HIV-1 Tat. In mice, URMC-099 exhibits favorable pharmacokinetics and enhanced Central Nervous System (CNS) penetration. Additionally, URMC-099 significantly reduces the infiltration of neutrophils into the peritoneum of wild-type mice in response to fMLP.
In vivo URMC-099 reduces chemotaxis in wild-type neutrophils induced by fMLP in vitro. Moreover, URMC-099 inhibits the release of TNFα in microglia triggered by lipopolysaccharides, as well as the release of cytokines in human monocytes stimulated by HIV-1 Tat. Additionally, URMC-099 prevents the destruction and phagocytosis of cultured neuronal axons by microglia.
キナーゼ試験 HDAC IC50 Profiling: The in vitro inhibitory activity of compounds against seven human HDAC isoforms (1, 2, 4 C2A, 5 C2A, 6, 8, and 11) are performed with a fluorescent based assay according to the company's standard operating procedure. The IC50 values are determined using 10 different concentrations with 3-fold serial dilution starting at 10 μM. TSA and vorinostat are used as reference compounds.
分子量 421.54
分子式 C27H27N5
CAS No. 1229582-33-5

保存条件

Powder: -20°C for 3 years | In solvent: -80°C for 1 year

溶解度情報

H2O: < 1 mg/mL (insoluble or slightly soluble)

Ethanol: 6 mg/mL (14.2 mM)

DMSO: 75 mg/mL (177.9 mM)

参考文献

1. Goodfellow VS, et al. J Med Chem. 2013, 56(20), 8032-8048. 2. Marker DF, et al. J Neurosci. 2013, 33(24), 91998-1202010. 3. Polesskaya O, et al. Mol Immunol. 2014, 58(2), 214-222.

関連化合物ライブラリー

この製品は下記化合物ライブラリに含まれています:
Tyrosine Kinase Inhibitor Library TGF-beta/Smad Compound Library Inhibitor Library Anti-Neurodegenerative Disease Compound Library Bioactive Compound Library Anti-Metabolism Disease Compound Library CNS-Penetrant Compound Library Anti-Cardiovascular Disease Compound Library Angiogenesis related Compound Library Anti-Ovarian Cancer Compound Library

関連製品

同一標的の関連化合物
ROCK2-IN-6 hydrochloride Cucurbitacin A Y-27632 CKI-7 CMPD101 CCG-232964 Neoprzewaquinone A H-1152

投与量変換

You can also refer to dose conversion for different animals. 詳細

In vivo投与量計算 (透明溶液)

ステップ1: 以下の情報を入力してください
投与量
mg/kg
動物の平均体重
g
動物あたりの投与量
ul
動物数
溶媒の組成を入力してください
% DMSO
%
% Tween 80
% ddH2O
計算する リセット

計算器

モル濃度計算機
希釈計算機
再構成計算
分子量計算機
=
X
X

モル度計算機では以下の計算が可能です

  • 既知の体積と濃度の溶液を調製するために必要な化合物の質量
  • 質量が既知の化合物を目的の濃度まで溶解させるのに必要な溶液の量
  • 特定の体積の中に既知の質量の化合物を入れて得られる溶液の濃度
参考例

モル濃度計算機を使用したモル濃度計算の例
化合物の分子量が197.13g/molである場合、10mlの水に10mMのストック溶液を作るのに必要な化合物の質量はどれくらいですか?
[分子量(MW)]の欄に[197.13]と入力してください
[濃度]ボックスに10と入力し、正しい単位(millimolar)を選択します
[容量]ボックスに10と入力し、正しい単位(milliliter)を選択します
計算を押します
答えの19.713mgが質量欄に表示されます

X
=
X

溶液を作るのに必要な希釈率の計算

溶液の調製に必要な希釈率の算出
希釈計算機は、既知の濃度の原液をどのように希釈するかを計算することができる便利なツールです。V1を計算するためにC1、C2&V2を入力します。

参考例

Tocrisの希釈計算器を用いた希釈計算の一例
50μMの溶液を20ml作るためには、10mMの原液を何ml必要ですか?
C1V1=C2V2という式を用いて、C1=10mM、C2=50μM、V2=20ml、V1を未知数とします。
濃度(開始)ボックスに10を入力し正しい単位(millimolar)を選択してください
濃度(終了)ボックスに50を入力し正しい単位(millimolar)を選択してください
体積(終了)ボックスに20を入力し正しい単位(millimolar)を選択してください
計算を押します
100 microliter (0.1 ml) という答えが体積(開始)ボックスに表示されます。

=
/

バイアルを再構成するのに必要な溶媒の量を計算する.

再構成計算機を使えば、バイアルを再構成するための試薬の量をすぐに計算することができます.
試薬の質量と目標濃度を入力するだけで計算します。

g/mol

化合物の化学式を入力して、そのモル質量や元素組成を計算します

Tヒント:化学式は大文字と小文字を区別します。: C10H16N2O2 c10h16n2o2

化合物のモル質量(分子量)を計算する手順:
化学物質のモル質量を計算するには、その化学式を入力し、「計算」をクリックしてください。.
分子質量、分子量、モル質量、モル重量の定義:
分子質量(分子量)とは、物質の1分子の質量であり、統一された原子質量単位(u)で表されます。(1uは炭素12の1原子の質量の1/12に等しい)
モル質量(molar weight)とは、ある物質の1モルの質量のことで、単位はg/molです。

bottom

技術サポート

Please see Inhibitor Handling Instructions for more frequently ask questions. Topics include: how to prepare stock solutions, how to store products, and cautions on cell-based assays & animal experiments, etc.

Keywords

URMC-099 1229582-33-5 Angiogenesis Autophagy Cell Cycle/Checkpoint Chromatin/Epigenetic Cytoskeletal Signaling DNA Damage/DNA Repair MAPK Metabolism Stem Cells Tyrosine Kinase/Adaptors Aurora Kinase Src LRRK2 MEK IGF-1R CDK Bcr-Abl Syk ROCK MLK VEGFR c-Met/HGFR Trk receptor SGK DNA Alkylation inhibit MLKs URMC099 URMC 099 Inhibitor Mixed Lineage Kinase inhibitor